鳩の駆除をするなら|悩みに応える業者はこちら

年々増えている害獣の駆除

屋根裏

家の床下や天井裏に野生動物が住み着いてしまい、農作物や家屋に被害を受けてしまう場合があります。このような時は、害獣駆除業者に連絡する前に、住み着いているのがどんな動物なのかを知っておく必要があります。なぜなら、その動物によって対処法が変わってくることがあり、害獣駆除費用がかからないケースもあるからです。住み着いているのがアライグマだった場合、罠を持っていれば自分で捕獲することができ、処分をお願いすれば費用がかからずに駆除できる可能性があります。一方、外来特定生物に指定されているハクビシンの場合、一般の人が申請無しに捕獲することは法律で禁止されているのです。このような時は、自治体にお願いすると無料で駆除してくれる場合があります。

日本では、かつてあったペットブームの際に海外から様々な動物が輸入され、多くの人が購入してその動物を飼っていました。しかし、飼うことが難しくなった人が海外の動物を自然に放してしまい、その動物たちが自然繁殖して年々数を増やしているのです。そんな外来動物の中でも、適応力が高く爆発的に増えてしまったのが、ハクビシンとアライグマです。これらの動物は民家や街中にも姿を現し、人間や在来生物に被害を与えることから、害獣駆除の対象になったのです。このことにより、被害の多い自治体では害獣駆除を行う部署を設け、積極的に駆除の依頼を受け付けています。また、年々増える害獣の数に比例するように、害獣駆除の専門業者もどんどん増えていったのです。